fbpx

客数を増やす?減らさない?どちらが利益アップに効果的なのか

客数を増やそうとする行動は経営者として

重要な仕事ですが、そこには広告宣伝費という

コストがかかります。

あなたの美容室では1ヶ月どれくらいの

費用を準備出来ますか?

目安ですが、一般的には

粗利益の5%以内でしょう。

オープン当初などは10%程は

必要かも知れません。

では、この広告宣伝費に対して

どれくらいの新規客が集められていますか?

CPO(Cost per Order)

新規客を1人獲得するためにかかったコスト

20万の広告費で5人の新規集客なら

CPO4万

資金にゆとりがあったとしても

出来る限りこの新規獲得コストは抑えたいですよね。

ですが、経営者の本心とは真逆の状態になっています。

5年〜10年前と比べて

CPOは5倍〜10倍必要と言われており

今後益々、高騰していくでしょう。

では美容室経営者が考えるべきことは?

『離脱させない』

ある程度成熟期に入っている経営状態なら

確実に顧客維持にコストをかけるべきでしょう!!

どうすれば、顧客満足度が上がるのか?

ここに注力し、必要な資金分配をしていきながら

ここで上がった利益を効果のある媒体へ

広告宣伝費として投下し、更に集客していく

行動をオススメします。

新規獲得コスト

顧客維持コスト

どちらにウエイトを置き

どちらが利益アップに効果的なのか?

答えは言うまでもありません。

顧客維持のために出来ることは?

更に満足度を上げ、支払額を上げていくために

出来ることは?

職人美容師の思考回路ではなく

美容室経営者の思考で考えてみてください。

良いお客様とだけお付き合いしながら

客単価を上げていくノウハウはこちら

スタッフの求人、採用・長期雇用を叶えたい
美容室経営者さん必見!

求人、長期雇用を叶える9つのポイント&3つのステップ
無料動画をプレゼント

  • 求人、採用活動をしても集まらない
  • 採用しても直ぐに辞めてしまう
  • スタッフのモチベーションが上がらない
  • スタッフの能力にばらつきがあり安定しない
  • スタッフの言動にイラっとしてしまい態度に出てしまう
  • いつも未来への不安がある
  • もっと良い人材が採用出来ないかと無意識に考えてしまっている
  • 自分ばかりが大変なんだと思っている

という方はこちらから

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 〇〇をシンプルにするだけで、リピート率は改善される

  2. 質の良いお客様を集めるために経営者が持つべきスキルとは?

  3. 美容室スタッフの長期雇用を叶えるために必要な要素1

  4. リピート率を高めるための伝え方とは?

  5. 値上げをせずに客単価アップ出来るテクニック

TOP