fbpx

美容室経営は規模よりも質を重視すべき!その指標となる数字とは?

『人時生産性』

聞きなれない言葉かも知れませんので

簡単に説明を。

スタッフ1人の時間単価

もっと簡単に噛み砕くと

スタッフ1人が1時間にどれだけ売上を上げているのか

前回の

スタッフ一人当たり年間粗利額は

現状のビジネスの内容が適正か、そして

ビジネスの強度をを測る数字。

『人時生産性』は

ビジネスの効率を測る数字

粗利額÷月の総労働時間

例を一つ

粗利300万 総労働時間700時間(スタッフ全員)

人時生産性¥4286

こんな風に算出します。

では、現状の美容界の

一般的な人時生産性は?

「¥2500〜¥3000」

¥3000超えれば良いと言われています。

どうすればこの数字を上げられるでしょうか?

答えは2つ

粗利を増やすか

労働時間を減らす

この2つしかありません。

この人時生産性が何故ビジネスの効率を

測る数字なのか理解出来ますか?

人時生産性=ビジネスの効率

1日に20万の売上を上げるとして

何人で?

何時間働いて?

同じ売上を

スタッフ5人よりも3人で

10時間労働よりも8時間労働で

上げる事が出来れば

人時生産性は上がります。

このスタッフの時間単価という概念を

持つとあなたのサロンの効率が見えてきます。

因みに人時生産性が¥3000を割っていれば

確実に黄色信号です。

僕の過去の経験上、スタッフが多すぎるか

勤務時間が長すぎます。

弊社はスタッフ7時間労働、週休3日

人時生産性は月によって多少、前後しますが

¥4500〜¥5000を

キープしています。

ビジネスの効率

経営者さんが忘れてはいけない

思考ですね。

最小限の労力で最大限の効果を!!

スタッフの求人、採用・長期雇用を叶えたい
美容室経営者さん必見!

求人、長期雇用を叶える9つのポイント&3つのステップ
無料動画をプレゼント

  • 求人、採用活動をしても集まらない
  • 採用しても直ぐに辞めてしまう
  • スタッフのモチベーションが上がらない
  • スタッフの能力にばらつきがあり安定しない
  • スタッフの言動にイラっとしてしまい態度に出てしまう
  • いつも未来への不安がある
  • もっと良い人材が採用出来ないかと無意識に考えてしまっている
  • 自分ばかりが大変なんだと思っている

という方はこちらから

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 〇〇をシンプルにするだけで、リピート率は改善される

  2. 質の良いお客様を集めるために経営者が持つべきスキルとは?

  3. 美容室スタッフの長期雇用を叶えるために必要な要素1

  4. リピート率を高めるための伝え方とは?

  5. 値上げをせずに客単価アップ出来るテクニック

TOP