fbpx

利益アップのための店販に取り組む際に経営者が意識するたった一つのポイント

最初に理解しておくべきことがあります
それは美容室の粗利率について
技術=95%(材料費のみを経費としています)
店販=30〜40%(仕入れ金額のみ)
単純にこれだけの粗利率の違いがある事を忘れないでください
ここ普段は理解しているのに
いざ店販が売れたりしだすと
すっかり忘れてしまって支払い後に
あれ?
売上、上がった割には利益残っていないな・・・
なんてことも。

要は利益率が違う!

ここを理解した上で
経営戦略的に店販をどのような位置付けにするのか?
勿論売れたら利益が出ない訳ではないので
売れないよりは良いのですが
職人美容師思考では
おそらく過去の私の様に
「こんなに売れてるのに儲かってない」
こんなことも十分にあり得るので気をつけてください。
ではどの様にすれば
店販が利益を生み出す武器に出来るのか?
1サブスクモデル(定期購入にする)
2まとめ買い(出来れば1年単位)
3クロスセルで自動購入(出来る限り自動化させる)
この辺りを仕組み化出来れば
店販による利益が定期的に生み出せるはずです。
一つ注意点
1人経営などの少人数サロンさんは
店販の粗利も利益として残りやすいので
積極的に取り組むことを
お勧めします。

ご質問、お問い合わせはこちらのLINEから

https://line.me/R/ti/p/%40709lqnzz

スタッフの求人、採用・長期雇用を叶えたい
美容室経営者さん必見!

求人、長期雇用を叶える9つのポイント&3つのステップ
無料動画をプレゼント

  • 求人、採用活動をしても集まらない
  • 採用しても直ぐに辞めてしまう
  • スタッフのモチベーションが上がらない
  • スタッフの能力にばらつきがあり安定しない
  • スタッフの言動にイラっとしてしまい態度に出てしまう
  • いつも未来への不安がある
  • もっと良い人材が採用出来ないかと無意識に考えてしまっている
  • 自分ばかりが大変なんだと思っている

という方はこちらから

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. あなたの美容室にとって良いお客様ってどんなお客様ですか?

  2. 利益アップのための店販に取り組む際に経営者が意識するたった一つのポイント

  3. 飛躍的に経営者としてのスキルを上げるたった一つのコツ

  4. 助成金や補助金を受給するために忘れてはいけない3つのポイント

  5. 利回りという観点から自分のビジネスを見てみる

TOP