fbpx

あなたの美容室にとって良いお客様ってどんなお客様ですか?

良いお客様を集めたいと考え、色んな施策を実行されると
思いますがそもそも良いお客様ってどんなお客様ですか?
まずはあなたが美容室経営者として欲しい『良いお客様』の定義を決めることが第一歩になります。
例えば
・料金よりもサロンの提供する価値を感じてくれる
・プロの提案やアドバイスに耳を傾けてくれる
・スタッフへの対応が横柄ではない
・来店時間を守ってくれる
・サロンのファンになってくれる
このように大まかな定義付けが必要です。
そしてさらに
・料金よりも価値に・・・
この項目を分解し、どんな価値提供が必要で
結果幾らの客単価に設定出来るのか?
そして、来店周期がどれくらで
年間支払額(LTV)が幾らになるのか?
こんな感じで仮決めでいいので設定してみましょう。
そうすると色んなことが見えませんか?
あなたが求める良いお客様はどこにいますか?
そのお客様を集めるにはどのような集客媒体を
使えば効果がありそうですか?
某ポータルサイトからの客層に問題があって
中々上手くいかないんです…
こんな話を耳にしますが、そもそも
あなたが使っている集客導線と求めている
客層が見たり、調べたりする導線や媒体が違うんです。
目の前の結果はその成果に過ぎません。
経営者としてとても大切な仕事の一つですので
時間を確保して取り組んでみましょう!!

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 美容室経営者に必要なスキル・・それは『言語化』

  2. あなたの美容室にとって良いお客様ってどんなお客様ですか?

  3. 利益アップのための店販に取り組む際に経営者が意識するたった一つのポイント

  4. 飛躍的に経営者としてのスキルを上げるたった一つのコツ

  5. 助成金や補助金を受給するために忘れてはいけない3つのポイント

TOP