fbpx

時短による単価アップという概念

A 60分¥6,000=分単価¥100
B 50分¥6,000 =分単価¥120
巷にある1000円カット(10分)の分単価は¥100
まずはこの分単価という感覚を持ってください
8時間勤務=480分
1日 A=8人 B=9.6人
1ヶ月22日勤務
A=176人 B=211.2人
その差は35.2人
ここで35.2人も差が出るなら
今よりも時短で沢山のお客様をこなそうと
考えたあなた…
例えばカット&カラー=120分→90分
に出来たらどうでしょう?
二つの大きなメリットがあることに
気付きますか?
1同じ内容での時短なので単価アップになる
2スタッフの空き時間確保が可能になる
職人美容師は単価を上げようとすると
すぐに何かを足していこうと考えがちですが
逆にマイナスしていく発想も必要です。
あなたのサロンで短縮できるメニューはありませんか?
短縮できる場面はありませんか?
ここでの注意点は
お客様の満足度が下がらないようにすること
時間を売っていると時短は確実に満足度が下がります
時間ではなく価値を売る
この価値共有がお客様と出来ていれば
逆に短時間で仕上がることは
喜ばれ、サービスの一貫としても提供可能です。

スタッフの長期雇用を叶えていくために
必要な時間確保という側面からも
非常に有効です。

ご質問、お問い合わせはこちらのLINEから

https://line.me/R/ti/p/%40709lqnzz

単価アップ、利益アップのノウハウはこちら

最速で値上げをせずに単価を上げる4つのテクニック

良いお客様とだけお付き合いし続けられる、究極の7つの客単価アップ方法

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. あなたの美容室にとって良いお客様ってどんなお客様ですか?

  2. 利益アップのための店販に取り組む際に経営者が意識するたった一つのポイント

  3. 飛躍的に経営者としてのスキルを上げるたった一つのコツ

  4. 助成金や補助金を受給するために忘れてはいけない3つのポイント

  5. 利回りという観点から自分のビジネスを見てみる

TOP