fbpx

そのサービス…本当に必要?

利益をアップさせていく上で、あなたは

売上=客数×客単価×回数を元に

あらゆるアイディアを考えると思いますが、

つい見逃してしまいがちな事があります。

それは

『ポイントカード』

1000円1ポイントで、50ポイント貯まれば

1000円OFFみたいなやつ。

このサービスは本当に必要ですか?

利益を増やすためにしている施策と

このポイントカード(利益を減らしている)

相反する行動をしているんです。

お客様はカードが貯まれば少しでも安くなるんですから

嬉しいに決まっています。

ですが、利益を減らしてまでする価値が

あるでしょうか?

1年でこのポイント値引き分がどの程度

利益を減らしているか正確に把握していますか?

もし、ポイントカードを導入するのなら

VIPのお客様に対してお得になるように

作るべき!!

指標としては、年間技術支払額が12万以上のお客様。

ロイヤルカスタマーと云われる方達に

えこひいきの一環としてするのは多いにありだと思います。

ですが、誰にでも同じサービスを提供していては

利益を削るだけ。

年間来店回数〜回で〇〇プレゼント

(リピート率改善)

6ヶ月で6回の来店で〇〇プレゼント

(来店間隔短縮)

年間技術支払額〇〇万以上で〇〇プレゼント

(LTVアップ)

このようにポイントカードに戦略的な目的を

持たせ、あなたの美容室の利益改善につながらなければ

正直、無駄であり

廃止しても良いと考えます。

もし廃止したとして、失客されるお客様は居ますか?

もしそれが理由で離脱されるとしたら

良いきっかけだと思います。

ポイントカードも含めた

あなたの美容室にある利益を減らすサービスは

他にありませんか?

もしあれば、そのサービスは本当に必要ですか?

結果利益がアップするような仕組みになっていますか?

一度見直してみると、以外と無駄が見つかりかも知れません。

最短で客単価アップができるノウハウはこちら

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. あなたの美容室にとって良いお客様ってどんなお客様ですか?

  2. 利益アップのための店販に取り組む際に経営者が意識するたった一つのポイント

  3. 飛躍的に経営者としてのスキルを上げるたった一つのコツ

  4. 助成金や補助金を受給するために忘れてはいけない3つのポイント

  5. 利回りという観点から自分のビジネスを見てみる

TOP