fbpx

リピート率を高めるための伝え方とは?

リピート率を高めようと思っても

お客様が必要としないサービスを提供していては

中々難しいでしょう。

目指す指標は

新規60日リピート率=90%〜

新規3回120日リピート率=80%〜

常連60日リピート率=90%〜

このような周期で来店し続けていただく

ためには?

縮毛矯正を2ヶ月に1回しますか?

技術を磨けば磨くほど

この周期は伸びるはずです。

『スタッフの能力に依存しない』

『再現性があり、ある一定のレベルで成果が出る』

『ゴールがない』

この3つの要素を満たし

且つ上記のリピート率を作れるものは?

素材系メニュー(トリートメント、ヘッドスパ)

GLAYカラー

この中には

アイラッシュも含まれるかも知れません。

何度もこの

職人美容師の経営改革Laboで伝えていますが

美容師としての能力に依存せず

仕組みでリピートさせる経営スタイルが必須です。

ではどうすれば、

素材系メニュー(トリートメント、ヘッドスパ)

GLAYカラー

をお客様にとって月に1回必要と思ってもらえる

ように出来るのでしょうか?

トリートメント=髪のダメージを治す

GRAYカラー=白髪を隠す

ヘッドスパ=気持ち良い

このように売っていることが殆どだと思いますが

これでは、

ダメージした時にするトリートメント

白髪が気になった時にするGRAYカラー

になってしまいます。

トリートメント=艶髪で女性らしさを身にまとう

GRAYカラー=アンチエイジング効果で若々しさを保つ

このように同じことをするにしても

お客様への訴求の方法一つで

捉え方は大きく変わってきます。

「言い方を変えてるだけ」

このように感じるあなた!!

一度お客様への伝え方を変えてみてください。

ある一定数は反応が間違いなくあり

効果が実感し、満足てもらえるレベルであれば

リピート率改善に大いに貢献してくれますよ。

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. あなたの美容室にとって良いお客様ってどんなお客様ですか?

  2. 利益アップのための店販に取り組む際に経営者が意識するたった一つのポイント

  3. 飛躍的に経営者としてのスキルを上げるたった一つのコツ

  4. 助成金や補助金を受給するために忘れてはいけない3つのポイント

  5. 利回りという観点から自分のビジネスを見てみる

TOP