fbpx

美容室の「リピート率」は〇〇に直結する

あなたのサロンの

新規60日リピート率は?

顧客30日リピート率は?

正確に計測してみて下さい。

そしてスタッフ毎にも。

サロンのコンセプトや売りによっても

このリピート率の数字はまちまちだとは

思いますが、このリピート率が高いほど

良いと云うことは誰にでも理解出来るはずです。

何故リピート率が高いと良いんでしょうか?

『利益』に直結するからです

売上=客数×客単価×回数

この式に当てはめてみると

客数1.0 単価1.0 回数1.1

客数 単価が同じでも

回数が1.1倍になれば

売上は10%アップ

年間平均来店回数が6回ならば

6.6回にすればOK・・・

数字上では理解出来ると思いますが

どうすれば6.6回に出来るのか?

ここが大きなポイント

あなたの様に能力の高い美容師さんの

顧客様はもう既に高いリピート率と

来店回数ではないですか?

その方達の年間来店回数を増やすのは

難しくないですか?

ここで先程も上げたスタッフのリピート率が

来店回数がキーポイントになってきます。

既に高い数字をほんの少し上げるよりも

まだ改善の余地がある数字を上げた方が

効率よく成果が出るはずですし、

施策のアイディアも沢山浮かんできませんか?

ここで、2つ注意点があります。

それは

『スタッフの能力に依存しない』

『再現性があり、ある一定のレベルで成果が出る』

ここは絶対に忘れないでください。

その理由や、叶えるために具体的にどうすればいいのか?

少しづつ紹介していきます。

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 悩める経営者に共通している3つのポイント

  2. サロンからの発信、扱うプロダクト、メニュー構成はお客様から見て明確な違いはありますか?

  3. 美容室経営者に必要なスキル・・それは『言語化』

  4. あなたの美容室にとって良いお客様ってどんなお客様ですか?

  5. 利益アップのための店販に取り組む際に経営者が意識するたった一つのポイント

TOP