fbpx

美容師と美容室経営者の仕事の違いとは?

あなたがオーナー美容師さんだとして

現状の美容師としての仕事、経営者としての仕事

それぞれ具体的な仕事内容(タスク)を把握出来ていますか?

美容師

・指名のお客様を担当

・スタッフの指導

・サロンワークの管理

・別のスタイリストのヘルプ

 など

経営者

・売上の管理

・マーケティングの施策管理(未来の売上)

・スタッフマネージメント

・給与管理

・支払い管理

・諸々税金管理

・求人・採用(未来の安定経営)

 など

これはほんのごく一部ですが

おそらく細かく書き出せば

恐ろしい程の数が出てくるはずです・・・

(オーナー美容師さんは忙しいですね)

美容師としての仕事

経営者としての仕事

一度自分の仕事の棚卸しをしてみることを

オススメします。

漠然と自分はいつも忙しいって感じている

理由が見えてくるきっかけになるかも知れません。

では美容師と経営者の仕事の違いとは??

美容師=目の前の売上を作る

経営者=未来の売上を作る

勿論こんなざっくりと分けられるものではないですが

職人美容師さんがまず最初にすべきマインドセットは

ここなんです!!

美容師として、技術習得に励み自分を必要としてくれる

お客様が増え、やりがいも自己承認欲求も満たされていくのは

僕自身もとても理解出来ます。

これからも、一生現役でサロンワークをバリバリやり続ける

職人美容師の未来を決して否定している訳ではありませんし、

私自身も完全にハサミを置くつもりはありません。

ですが、スタッフを雇用し利益を生み続けビジネスとして

今後も美容室経営をしていく未来をあなたが

望まれるなら、

未来の売上を作る

ここにフォーカスする必要はありますね。

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 〇〇をシンプルにするだけで、リピート率は改善される

  2. 質の良いお客様を集めるために経営者が持つべきスキルとは?

  3. 美容室スタッフの長期雇用を叶えるために必要な要素1

  4. リピート率を高めるための伝え方とは?

  5. 値上げをせずに客単価アップ出来るテクニック

TOP