fbpx

『良いお客様を集めるたった1つの方法とは?』

あなたの美容室にとって良いお客様とは?

オーナー美容師さんであるあなたには、

・長年通われていて
・単価も高く
・自社のサービス、価値を理解してくれている

上顧客様が沢山いらっしゃるでしょう。

では、スタッフのお客様には??

オーナー単価=¥16.000

スタッフ単価=¥10.000

サロン単価=¥13.000

美容師としての能力もあり、経験豊富なあなたは

おそらくそんなに努力しなくても自然と単価が上がっていってるはず。

要はあなたは無意識のうちにブランディング出来ていて、その金額の

価値をお客様に提供しているということなんです。

ですが、経営者目線で見てみると

オーナーの単価(16000円)を上げることに注力するよりも

スタッフの単価(10000円)を上げることの方が

必要なことに気付きますか?

良いお客様=サロンのサービス、価値を理解し単価が上がり続ける

オーナーのマンパワーによる集客ではなく、

サロンのブランディングによる集客!!

スタッフにお客様が付くんではなく

サロンの価値提供にお客様がつくんです

美容室経営をしていく上で、

いつまでもオーナー美容師が主役で

売上の大半を作らないと経営が成り立たない状態というのは

いかがでしょうか?

もしご自身がそれを望み、いつまでもバリバリ一生現役・・・

こんな状態を望まれてるのなら、それは個々の選択ですし

誰にでも真似出来ることではないと思いますので

体に気をつけて無理されないように続けてください。

ですが、もし

あなたに何かあったら?

店が天災などで営業出来なくなったら?(極端ですが)

経営者はこういった観点を持つことも必要だと思います。

そんな時にあなたが今までとは違う働き方をしたとしても

経営を成り立たせるためには

あなたの単価を上げるよりも

スタッフの単価アップが重要なんです!!!

ここで、スタッフ個々の美容師としての能力を

高めることに職人美容師は目が行きがちですし

上手くはまれば良いですが、私の過去の経験上

『スタッフの離職』のリスクとの背中合わせでしょう・・・

この理由については、又別の機会にお話しします。

ではどうすれば良いのか?

結論

『サロンブランディング』

が必須になります!!

美容師個人の価値ではなく

サロンの価値

このサロンブランディングによって

集客出来たお客様こそ、この先

あなたの会社にとって

本当の良いお客様になっていかれる存在になります。

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. あなたの美容室にとって良いお客様ってどんなお客様ですか?

  2. 利益アップのための店販に取り組む際に経営者が意識するたった一つのポイント

  3. 飛躍的に経営者としてのスキルを上げるたった一つのコツ

  4. 助成金や補助金を受給するために忘れてはいけない3つのポイント

  5. 利回りという観点から自分のビジネスを見てみる

TOP