fbpx

高単価のお客様を増やすたった一つのコツ

あなたのサロンに来店される新規客の客単価は
いくらに設定していますか?
又、初回来店をどのような形で
促していますか?
経営者であれば質の良い高単価のお客様を集め
客層を高めていくブランディングをされていると
思いますが、ではどうすれば叶うのか?
『初回来店動機を金額にしない』
『わざと初回来店の金額を上げる』
『予約を少し取りづらくする』
要は

入り口のハードルを上げる

ことによってこの時点でふるいにかけていき
より質の良い客層を集めていくんです。
ただしこの手法はビジネスのフェーズによっても
違ってきますので、そこは見誤らないようにしてください。
多少高くても、予約が取りづらくても
行ってみたい!
そう思わせるホームページ制作や導線整備
何よりもブランディングが必要になり
そのハードルを超えた方は確実に自社の
望む新規客である確率が高いので
その後のリピートの仕組みも効果が出やすく
ロイヤルカスタマーに育っていきやすくなります。
そして、ここにはもう一つ大きなメリットがあります。
それは次回予約率が圧倒的に高くなるので
スタッフの自信や達成感が上がり
更にお客様に対してより良いサービス提供をする
努力をします。
質の良いお客様と自信のあるスタッフ
相乗効果によりサロンの質が上がっていくんです


リピートの仕組みはこちらのノウハウから

再来店率が上がる6つの構造的リピート術

質の良い新規を集めるホームページ制作ノウハウはこちら

WEB集客(ホームページ)・・どこから?何を?どうやって?中級編

ご質問、お問い合わせはこちらのLINEから

https://line.me/R/ti/p/%40709lqnzz

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. あなたの美容室にとって良いお客様ってどんなお客様ですか?

  2. 利益アップのための店販に取り組む際に経営者が意識するたった一つのポイント

  3. 飛躍的に経営者としてのスキルを上げるたった一つのコツ

  4. 助成金や補助金を受給するために忘れてはいけない3つのポイント

  5. 利回りという観点から自分のビジネスを見てみる

TOP