fbpx

ホームページから自社の望む見込み客を集める3つのポイント

新規集客のためにホームページをどれくらい作り込んでいますか?
又、どのコンテンツに注力していますか?


1TOPページ
自然検索の場合、大半がTOPページにランディングしてくると思うのですが、ここで見込み客はどのように判断するのでしょうか?
オシャレな写真(ビジュアル)目を引くキャッチコピー(印象)
レイアウトも含めた見やすさ(わかりやすさ)
何よりも、この後にスクロールしてもらい別のページに回遊してもらえなければ
離脱されて終わりなので、このTOPページの
作り込みは非常に大切になりますし
自社の望む見込み客に合わせた構成がマストになります。


2こだわりページ
この美容室が何にこだわり、何を売りにしているのか?
ここをどれくらい伝えられるか?
そして、見込み客に興味を持ってもらえるかが
大きなポイントになります。
字体
文字数
写真
レイアウト
色使い
動画
などなどこのページには、全集中で盛り沢山の情報を込めて作成してください。


3メニューページ
料金も含めたメニューページ。
ここでのポイントは、とにかくわかりやすさ!!
見込み客が、やりたいと思う技術メニューはどれで?
いくらかかるのか?
ここが複雑で、わかりにくいと
せっかくあと一歩で予約まで辿り着ける
見込み客を損失することも十分に有り得ますので。
美容師目線ではなくユーザー目線で!!
当然ですが、それぞれのページから
すぐに予約が出来る導線が構築されていかの
チェックも忘れずに!!

ホームページ作成ノウハウはこちらから

WEB集客(ホームページ)・・どこから?何を?どうやって?初級編

WEB集客(ホームページ)・・どこから?何を?どうやって?中級編

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ビジネスの成功を分けるたった一つのポイント

  2. 少子高齢化を迎える未来への美容室がすべき3つの準備

  3. 高単価のお客様を増やすたった一つのコツ

  4. スタッフの技術レベルを上げる3つのコツ

  5. 広告費…意識する3つのポイント

TOP