fbpx

長期雇用を叶えるために必要な経営者の行動とは?

スタッフが経営者に対して抱く

不満の一つに

「何を考えているのかわからない」

あなたも聞いた経験、

もしくは雇用されていた時に

同じことを感じたことありませんか?

私から言わせれば

「わかるわけがない」

これが結論なのですが、

組織というのはこれでは成り立ちません。

ではどうすれば良いのか?

各々に方法はあると思います。

飲みニケーション

休日に一緒に出かける

などなど

ですが、私は一切このようなことはしません。

経営者から誘われたらスタッフは断りにくいでしょうし、

スタッフの時間も奪ってしまいます。

スタッフの本心は仕事以外では

出来るだけ関わりたくないんです。

これは経営者も同じですよね。

ですので

あくまで参考程度に弊社の具体的な一例を。

サロンの営業日を丸一日クローズして

営業時間と同じように

一日かけて「未来会議」というものを

1年に一回2月にします。

内容は

前年の目標に対する実績報告

今年一年何に取り組むのか?

それは何故か?

それをすればどんなメリットがあるのか?

自分達はどうなれるのか?

その先に会社は何処へ向かうのか?

具体的な行動レベルにまで落とし込んで

徹底的にやります。

この場で

社長が何を考えているのか?

この不満、不安を一掃します。

ですので、この会議の1ヶ月前くらいからは

スタッフに宿題が出ます。

何が不安なのか?

このようなメンタル的なことは普段のコミュニケーションで

充分です。

それよりも個々の行動を見つめ直してもらい

成果の出なかった部分に対して

何が原因か?それを邪魔しているものは何か?

どうすれば排除出来るのか?

もし出来ないなら別の方法は?

このように自分自身で1年を見つめ直し

この会議にそれぞれが臨みます。

私も経営者として自分の考えをはっきり伝え

その想いに共感してくれたスタッフが

頑張って働いてくれるんです。

まとめると

無駄な時間は使わずに

しっかり時間確保して

経営者の考えを伝える場を設ければ

このような不満は解決されるはずですし、

普段のコミュニケーションで

さらっと伝えることさえ忘れなければ

きっと大丈夫です!!

長期雇用を叶える秘訣はこちら

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ビジネスの成功を分けるたった一つのポイント

  2. 少子高齢化を迎える未来への美容室がすべき3つの準備

  3. 高単価のお客様を増やすたった一つのコツ

  4. スタッフの技術レベルを上げる3つのコツ

  5. 広告費…意識する3つのポイント

TOP