fbpx

利益を増やすために見落としがちな3つのポイント

利益を増やそうと努力しているあなたに

見落とすか、勘違いするか、後回しになりやすい

3つのポイントを伝えます。

入ってくる金額が増えても

出ていく金額が多ければ利益は増えません。

どんな経営者さんでも理解出来る

仕組みですが、意外と利益が増えない原因が

ある事が多いので。

1固定費

家賃ですね。

コロナ禍で毎日TVでも家賃が払えなくて・・・

こんな話題が絶えません。

今の状況は特別として、どんな状況だろうが

毎月確実にかかる経費。

では、どれくらいの家賃が適正なのか?

この職人美容師の経営改革Laboでは

2つの基準を設けています。

①2〜3営業日での売上

②その月の店販利益額

仮に家賃が20万だとしたら

2日。最悪でも3日でその金額は回収できていますか?

月初にですよ!

店販粗利率30%として

1ヶ月に約70万の店販売上はありますか?

もしどちらも達成されていないのなら

あなたのサロンの経営状態に対して家賃が高すぎると

判断できます。

この固定費削減は利益を出すためには必須なので

後回しにせずにすぐに取り組んでください。

2材料費

私も以前の職人美容師の時はこの材料費削減に

最も力を入れていました。

ですが・・・

あなたも気付いていませんか?

カラー剤1g。1ヶ月100g削減できて

幾ら経費節約になりますか?

1000円程度でしょう。

経営者として利益を生み出すために

そこに意識が向いている間は

おそらく利益アップは難しいでしょう。

誤解のないように補足しておきますが

不要な材料費は勿論NGです。

サロンの中で材料の使用量のルールを決めて

一定化させる事をオススメします・

お客様の満足度に直結する部分なので

ここをケチるとリピート率にも影響を及ぼしますので

材料費率15%までは許容すべきです。

流石に15%を超えると多すぎる印象を持ちます。

③人件費

最も節約してはダメな経費です!!

粗利の40%〜50%は確保すべきです。

社会保険料の負担も増えますが

その負担分も含めてこの数字は

スタッフの長期雇用を叶えるためには

必須の数字です。

勿論社長の役員報酬は別です。

個人事業主ならこの割合を確保して

あなた自身の報酬を取るべきです。

まとめると

後回しになりがちな固定費

見落としがちな材料費

勘違いしがちな人件費

これらのバランスを正常に保ってこそ

利益が生まれ続ける会社が出来上がっていきます!

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ビジネスの成功を分けるたった一つのポイント

  2. 少子高齢化を迎える未来への美容室がすべき3つの準備

  3. 高単価のお客様を増やすたった一つのコツ

  4. スタッフの技術レベルを上げる3つのコツ

  5. 広告費…意識する3つのポイント

TOP