fbpx

新規客に伝えるべき3つのこと

あなたのサロンでは、新規客に何を伝えていますか?

伝えるべき内容は事前に準備出来ていますか?

ここでは、どうすれば新規客にリピートしてもらえる確率が

上がるかを3つ!

1サロンの考え方や価値、施術のこだわり

アプローチbook(新規客に見せるの)など、視覚化できるものを

準備して施術が始まる前に、カウンセリングの時間を使って

あなたのサロンがお客様に提供する価値やこだわりを事前にお知らせ

します。

*ここは必ず最初にすべきです!

(事前にするとコンテンツ。後からすると言い訳)

 こんな風に受け取られることがあるからです。

2施術工程

ここはどこのサロンもされているとは思いますが、

お客様は美容師が思っている以上に何をされているかを

知ることで安心されます。

特に新規客には尚更丁寧に説明が必要です。

*ここでの注意点は薬剤成分やテクニック的なことを

 職人美容師は説明しがちですが、お客様はそこよりも

 なぜこれをしているのか?他のサロンとの違いは何なのか?

 結果どんなメリットがあるのかを知りたがっています

3次回予約の意味

ここがもっとも重要です!

お客様にとって次回予約をとるメリットを

伝えられるかがポイント。

何のメリットもなくお客様は次回予約をとられることは

あり得ません。

最初に伝えたあなたのサロンの価値が伝わり

サロン滞在中にその良さを感じてもらい

お客様にとって次回予約を取る必要性とメリットがあると

思ってもらえた上で

魅力的なオファーが出来るかどうか!

この3つをスタッフの能力に依存せず仕組み化

していくことが出来れば、精度の高いリピートが

叶っていくでしょう。

ここで経営者はこの仕組みが正しく機能しているかを

判断していく必要があります。

それは数字!

新規リピート率60日〇〇%

       120日〇〇%

このように指標を決め定期的にチェックしていきます。

もし数字が達成されていなければ

スタッフの行動ルーティンが間違っているのか?

あなたの作った仕組みに問題があるのか?

見込み客を集める導線に問題があるのか?

そもそもペルソナ設定がずれているのか?

このように問題点を洗い出し

改善していくことが経営者の重要な仕事です!

リピート率を仕組み化していきたい方はこちら

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 〇〇をシンプルにするだけで、リピート率は改善される

  2. 質の良いお客様を集めるために経営者が持つべきスキルとは?

  3. 美容室スタッフの長期雇用を叶えるために必要な要素1

  4. リピート率を高めるための伝え方とは?

  5. 値上げをせずに客単価アップ出来るテクニック

TOP