fbpx

美容室スタッフ求人、採用のために必要な一人当たり利益額は〇〇〇万

前回のblogで利益を確保出来ている前提で

求人、採用に取り組まなければ更に利益を圧迫し

経営状態を悪化させてしまうお話はさせていただきました。

では、どれ位の利益があれば良いのか?

あくまで基準値ですので参考までに

してもらいたいのですが。

美容業界平均スタッフ一人当たり年間粗利額

450万〜500万(37万5千円/月〜41万6千円/月)

スタッフ5人で210万/月の粗利益

 人件費40%=84万(役員報酬込み)

 販管費40%=84万

 営業利益42万

これが現在の美容業界のリアルな実態です

人件費均等割りで16.8万/人(社長の給料も同じ)

「社長の給料これだけ??」

これなら雇われてる時のがマシ。

誰もが同じ感想を持つんじゃやないんでしょうか?

上記の中でどこに問題があると思いますか?

即答ですよね!!

『スタッフの数』

出ている利益に対してスタッフ数が

多すぎるんです。

5人居ないとサロンが回らないのなら

単価が低すぎるという判断も出来ますし

遊んでるスタッフが居るのなら

余剰人員が居るって判断になります。

では、どれくらいの利益があれば良いんでしょうか?

スタッフ一人当たり年間粗利額1000万

上と同じスタッフ5人のサロン(5000万の粗利)

社長報酬を最低700万とし

人件費40%=2000万(1300万がスタッフ給与)

       スタッフ年間給与額=325万/人 月27万/人

販管費40%=2000万

営業利益1000万

利益を倍にすればこれだけ数字は

変わります!!

利益2倍にするには売上○倍??

この内容も併せてご覧ください!

これだけ利益が残れば社長報酬も

1000万取れますし、更に事業拡大

スタッフへの還元、お客様へのサービスの質向上に

投資していけます。

結論

『求人、採用に取り組むのと同時に

 現状のスタッフ数で利益を最大化させる』

この施策を同時進行か、利益最大化を優先して

取り組んでいく必要があるんです!!

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. あなたの美容室にとって良いお客様ってどんなお客様ですか?

  2. 利益アップのための店販に取り組む際に経営者が意識するたった一つのポイント

  3. 飛躍的に経営者としてのスキルを上げるたった一つのコツ

  4. 助成金や補助金を受給するために忘れてはいけない3つのポイント

  5. 利回りという観点から自分のビジネスを見てみる

TOP