fbpx

「売上〇〇倍で利益2倍の法則」

美容室経営をしているあなたにとって最も必要なものは何?

こう質問されてどんな答えが思いつきますか?

・売上

・客数

・スタッフ

・技術力

こんな感じでしょうか?

中にはマインド的な

・人間力

・利他の精神

・スタッフは家族だ!(違いますけど)

こんな経営者さんもいらっしゃるでしょう・・・

結論!!

この職人美容師の経営改革Laboの中では

美容室経営において最も必要なものは

『利益』

このように定義付けしています。

(極端に聞こえる方もいるのは承知の上です)

どれだけ忙しくて売上が上がっても…

どれだけ沢山のお客様がいても…

どれだけ優秀なスタッフがいても…

どれだけ優れた技術力があっても…

ましてや精神論で人間的に優れていたとしても…

利益が無ければ、増えていかなければ

経営は成り立ちますか?

慈善事業ではないはず・・・

マーケティングコスト、スタッフへの環境整備、顧客へのサービス向上、
店舗維持経費

何をしていくにも利益があるからこそより質の高い精度の高い

施策が打てるんじゃやないんでしょうか?

では、仮に利益を2倍に増やすために売上はどれくらい

増やす必要があるでしょうか?

利益2倍なので売上も2倍・・・

昔の僕は何も考えず、単純にこう考えていました。

だから、無茶苦茶な予約の入れ方をして

がむしゃらに客数をこなしていましたが…

実は違うんです!!

一例を挙げますね

売上1000万 原価100万(10%)

粗利益900万(90%)

人件費360万(粗利の40%)販管費360万(粗利の40%)

利益180万(営業利益)ここに法人税が40%かかって

72万が純利益になるモデルがあったとします。

(分かりづらくなるので、営業利益ベースで説明します)

この営業利益180万を2倍の360万にするために

売上はどれくらい増やせば良い?

人件費、販管費はそのままだとして

ちょっと考えてみてください・・・

『1200万』

売上1200万 原価120万

粗利益1080万 人件費360万 販管費360万

利益360万

『売上1.2倍で利益2倍』

の法則が理解出来ましたでしょうか?

利益を増やすために2倍の売上は必要ないんです!!

そして

売上=客数×客単価×回数

売上を上げるために皆さんが知っているこの式に

当てはめていくと

客数1.1倍 客単価1.1倍 回数1.1倍

仮にそれぞれが1.1倍になったとして

売上=1.33倍

経費や人件費は経営者の考え方によって

一概に決めつけられませんが、

単純に利益は2倍以上に増える計算が成り立ちます。

利益を上げていくために

どれくらいの売上が必要で、その数字を達成するためには

客数?客単価?回数?

それぞれに

どんな施策を打っていくのか?

どこの数字から改善していけば良いのか?

どの数字を改善するのが効率が良く、早く成果が出て

社長、スタッフ、お客様のためになり

美容室経営が安定し、さらに拡大していけるのか?

そのためには緻密な戦略、戦術が必要ですが、

順を追って、行動に移していけば必ず成果は出ます!!

その詳しい内容は随時このblogでお伝えしていきます。

宮川修

宮川修

美容室2代目経営者。スタッフの大量辞職からどん底を経験しその後、小規模サロンにしか出来ない経営、仕組みを取り入れ実践中!スタッフが離職せず働き続けられる環境作りを経営者の使命とし、長期雇用出来る会社に変身!離職ゼロ美容室を実現中!ママ美容師/挫折経験あり美容師/在職中/人時生産性¥5.000超

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 〇〇をシンプルにするだけで、リピート率は改善される

  2. 質の良いお客様を集めるために経営者が持つべきスキルとは?

  3. 美容室スタッフの長期雇用を叶えるために必要な要素1

  4. リピート率を高めるための伝え方とは?

  5. 値上げをせずに客単価アップ出来るテクニック

TOP